CSRへの取り組み
CSRへの取り組み

環境教育

自社の製品と技術を用いた「ビオトープ池づくり」を通じて、地域の子どもたちの環境教育を支援

三ツ星ベルトでは、自社の製品や技術を用いて、本社がある神戸市内の小中学校で進められている「ビオトープ池づくり」の活動を支援しています。この活動はもともと、阪神・淡路大震災の翌年の1996年から、震災で傷ついた子どもたちの心を癒そうと始まったものです。土木用遮水ゴムシートの無償提供や、従業員のボランティアによる施工協力や技術指導を行い、これまでに100校を超える小中学校の活動を支援し、「ビオトープ池」を完成させています。

現在も、子どもたちの環境教育の支援として、この取り組みを継続させています。池底に敷かれる「ミズシート」は、 本来、建築土木資材として開発された遮水用のゴムシート。粘土を被せてシート面を隠し、自然の池のように仕立てられた人工の「ビオトープ」の周囲には緑も植えられ、トンボなどの昆虫や鳥たちが集まってきます。

三ツ星ベルトでは、今後もこの活動を、「人を想い、地球を想う」という基本理念の実践として継続していきます。

  • 完成した御影小(神戸市)のビオトープ池完成した御影小(神戸市)のビオトープ池
  • 遮水シートで造成遮水シートで造成
  • 完成したビオトープ池完成したビオトープ池
ページトップへ