CSRへの取り組み
CSRへの取り組み

グリーン調達

グリーン調達方針

  • 環境保全の進んだ工場で作られた物を調達する。
  • 環境負荷の少ない原材料、部品、製品を調達する。
  • 紛争鉱物の不使用。

グリーン調達基準書の策定

三ツ星ベルトグループでは、原材料・部品・製品の調達にあたって、「品質、価格、納期」だけではなく、「環境負荷、環境保全に関する取組み」を調達基準に加えて、総合的に評価しております。

2005年3月にグリーン調達基準書を制定し、以後、最新の法規制動向を反映し改訂しております。

サプライチェーンマネジメント

「グリーン調達基準書」に基づき、原材料等の調達前に環境負荷物質に関する調査を実施し、原材料等の製造会社より「化学物質含有量報告書」を入手し、グリーン調達基準を満たしていることを確認した後、調達を行っております。

また、定期的に原材料等の製造会社を訪問し、化学物質管理状況の監査をすることにより、三ツ星ベルトグループ内にグリーン調達基準を超えた環境負荷物質が入らないよう、監視を続けております。

化学物質に関する評価

化学物質に関する評価

化学分析装置の導入

原材料・部品・製品の調達・納入にあたって、誘導プラズマ発光分光分析装置、蛍光エックス線分析装置、水銀分析装置等の化学分析装置を導入し、含有禁止物質の自社分析を実施しています。

ページトップへ