建築用防水材
建築用防水材

押え工法
ネオ・ルーフィングFB

押さえ工法用の加硫ゴムシート防水材です。

施工例

RV-301WF

RV-201

特長

シート上に押さえ層としてコンクリート、モルタル、ブロックなどを敷設し、歩行を可能にした工法です。
防水層の保護と歩行を目的とする屋上に適用できます。

仕様

仕様No. RV-301F(注1) RV-301WF RV-501DW-F
適用下地 RC
1 ネオ・ボンドF0.3kg/m²(下地)
2 ネオ・ルーフィングFB
3 養生材(注2) ネオ・ボンドF 0.2kg/m²
4 ネオ・ルーフィングFB
5 養生材(注2) 発泡ポリスチレン(断熱材)

注1)RV-301Fは高架、橋梁、地下道、地下鉄などに適用してください。
それ以外の用途に使用する場合はご計画の段階で当社までお問い合わせください。
注2)養生材は発泡ポリエチレンシート、アスファルトフェルトなどを使用します(別途見積)。

  • ■断熱材(発泡ポリスチレン)の厚さは25mm、30mmがあります。
  • ■発泡ポリスチレンはJIS A 9511(ポリスチレンフォーム保温材)B種に合格するものをご使用ください。
  • ■室内などに適用できる無溶剤工法もあります。
  • ■コンクリート押さえ層の厚さは60mm以上必要です。
  • ■RV-301WF、RV-501 DW-Fは、二層張り工法です。
ページトップへ