自動車・二輪・建機・産機用伝動ベルト

用途から検索

低フリクションロスベルト

  • エンジンの燃費改良に貢献すべく開発したベルト。
  • ベルトの曲げや変形によるフリクション(摩擦)ロスを、ベルトリブ部の内部発熱を抑えることで低減し、ベルトの伝動効率を向上。
  • 耐発音性、耐摩耗性といった機能も両立させたベルトとして、自動車メーカーに広く採用されています。

構成材料

低フリクションロスベルト

特長

  • 特殊な配合のゴムを使用し、ベルトリブ部の内部発熱を抑えることで、
    従来仕様に対して約25%のフリクションロス低減効果あり。

→ 詳細はこちらをご覧ください

低フリクションロスベルトの開発ストーリー

→ ご相談・詳細お問い合わせは、こちらからお願いします。

お問い合わせ
ページトップへ