1. TOP
  2. サステナビリティ
  3. CSRを推進するために

Sustainabilityサステナビリティ

CSRを推進するために

CSR基本方針

三ツ星ベルトグループのCSR活動は、「人を想い、地球を想う」の基本理念のもと、先進の発想と「高機能・高精密・高品質」を提供する高度な技術力の追求によって当社グループを取り巻くステークホルダー(株主・顧客・従業員・地域社会等)との共生を図り、継続して人と社会に貢献することで、快適で豊かな未来を目指してまいります。

社会への貢献

優れた技術に基づいた安全で信頼性の高い製品を提供することで、関係する取引先と連携し社会から必要とされる製品の一端を担うことにより、世界の「ものづくり」に貢献します。

産業と技術革新の基盤をつくろう
つくる責任つかう責任

地域社会との連携と協調

広く社会とのコミュニケーションを大切にし、事業活動を果たしながら、地域社会との連携と協調を図り、共生することで社会に貢献します。

住み続けられるまちづくりを

地球環境への貢献

環境への負荷が少ない製品づくりやグループで環境保全を推進することで、地球環境との共存を常に意識した企業づくりを目指します。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

人権の尊重

社会の人々と従業員の人権を尊重し、従業員一人ひとりが働きやすく、活躍でき、働きがいのある職場を提供できる企業を目指します。

ジェンダー平等を実現しよう

経営統治の継続的強化

法令の遵守、適法な事業活動を継続し、当社グループもステークホルダーも共に成長できる企業を目指します。

働きがいも経済成長も

SDGs推進委員会 SDGsの推進

 当社グループがSDGs活動を推進していくためには、従業員一人ひとりが主体的に取り組んでいくことが重要だと考えています。2022年度の本格的なSDGs推進活動に向けて、全社4分野(生産、販売、技術、間接)から選出された代表4部門による「SDGs実行計画進捗発表会」を開催しました。基本理念「人を想い、地球を想う」のもと、各職場での身近な取り組み課題から2030年度に向けた持続可能な目標を掲げ、創意工夫を凝らし実直に取り組んでいる内容が発表されました。世界が直面している社会課題、ならびにSDGsの具体的な取り組み事例について、国内外全拠点で情報を共有しています。

SDGs推進組織の位置づけ

社長が指名する担当役員を委員長とする「SDGs推進委員会」を設置し、具体的な活動計画を策定し推進してまいります。

SDGs推進組織の位置づけ