MITHUBOSHI LABO
MITHUBOSHI 建築用防水製品サービスサイト     
Tailor-note®
  1. TOP
  2. IR情報
  3. トップメッセージ

Investor RelationsIR情報

トップメッセージ

代表取締役会長 垣内一 代表取締役社長 池田 浩

株主のみなさまには、平素格別のご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。

当連結会計年度における世界経済は新型コロナウイルス感染症再拡大による影響を受け、一部の国や地域ではロックダウンがありましたが、拡大防止に向けたワクチン接種の進展に伴い、経済の回復が見られました。一方、半導体の不足、原材料価格や物流費などの高騰が続いているうえ、足元では、ロシアによるウクライナ侵攻による地政学的リスクの高まり、高インフレ懸念など、経済の先行きは、依然として不透明で予断を許さない状況が続いております。

このような環境のもと、当社グループは引き続き新型コロナウイルス感染防止策を講じつつ、2021年4月よりスタートした‘21中期経営計画の達成に向け、環境の変化にぶれない強い企業を目指し、より一層の経営の効率化とコスト削減に取り組み企業体質の強化を図ってまいりました。

今後の企業を取り巻く環境は、コロナ禍から脱却し社会経済活動の正常化に向かい始める一方、ロシアのウクライナ侵攻及びロシアに対する各国の経済制裁による影響、中国におけるゼロ・コロナ政策の影響、インフレの加速など、経営環境は目まぐるしく変化し、依然として予断を許さない状況が続くものと思われます。

当社グループでは、原材料価格や物流費の更なる高騰、人件費の増加、半導体供給問題に加え、ロシアのウクライナ侵攻及びロシアに対する各国の経済制裁による影響、中国におけるゼロ・コロナ政策の影響などの様々な要因による世界的な景気減速により収益の圧迫が懸念されます。このような状況に対応すべく、今回見直しを行いました‘21中期経営計画に基づき、変化にぶれない強い企業体質の確立を目指し、財務体質の強化から資本効率の向上へと進化を図り、収益向上とバランスシート改善に取り組んでまいります。また、「人を想い、地球を想う」基本理念のもとSDGsに取り組み、事業活動を通じて持続可能な社会の実現に貢献できる企業づくりを推進してまいります。

株主のみなさまには、今後とも一層のご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役会長 垣内一 代表取締役社長 池田 浩