CSRへの取り組み
CSRへの取り組み

環境負荷低減への取り組み

物流における環境負荷低減活動

製品の配送、生産拠点間の製品・仕掛品・副資材等の輸送に伴う環境負荷を低減するため、輸送効率の向上と包装・梱包の改善を中心に取り組んでいます。
物流に係るCO2、NOX等の排出量低減に向けて、今後も施策の検討、実行に取り組んでいきます。

輸送効率の向上

  • トラック輸送積載効率の向上
  • ダンボールサイズの見直しによる、梱包効率の最適化
  • 往復便の空スペースを反映した定期便スケジュールの最適化による、積載効率の向上
  • 輸送ロスの削減
  • 製品保管基地倉庫の見直しによる、出荷時の輸送ロスの低減
  • 製造基地倉庫から顧客への直接出荷を拡大し、拠点間輸送のロスを排除
  • 製品と原材料、仕掛品の拠点間ミルクランを展開することによる、関係会社を含めた全社輸送効率の向上

包装/梱包の改善

  • カートンボックスの再利用
  • カートンボックスの種類を整理・統合し、総使用量を低減
  • カートンボックスの材質見直しによる、リサイクル紙使用比率の高い材質への変更

その他の取り組み

  • 保管温度制限対象品の航空輸送から、温調コンテナによる海上輸送への変更
  • バッテリーフォークリフト導入拡大と内燃機関フォークリフトの小型化、LPG化
  • 輸送委託先への要請
  • 共同輸送・配送等の計画化による、トラック使用の合理化
  • 輸送ルート・輸送手段の工夫
  • 適正車種の選択
  • 積載率の向上
  • トラックの定期点検整備の実施
  • ハイブリッドトラックの導入要請とアイドリングストップの励行
  • エコドライブに対する運行管理の向上要請

事業所における環境保全活動

省エネへの取り組み

省エネへの取り組み

三ツ星ベルトは、全従業員による省エネ取組活動を強力に推進し、クールビズ、冷暖房温度の適温設定、不要時の消灯徹底、高効率伝動機及び照明の導入推進等、一丸となって省エネ活動に取組んでいます。

神戸本社・事業所および各事業所では、節電対策の一環として、事務所の窓の外につる性植物を植えて太陽光を遮えぎることで、内部の温度上昇を抑えるグリーンカーテンを設置しています。また、神戸事業所や四国工場では屋上に太陽光パネルを設置し、発電した電力を自家消費に取り入れています。

生物多様性への配慮

事業活動より生じる製造工場から排出する工場排水については、排出基準を順守し排水水質を監視・測定し維持する活動に取組んでいます。

ページトップへ