CSRへの取り組み
CSRへの取り組み

環境基本方針

  1. 三ツ星ベルトグループは、伝動ベルト、搬送ベルト、金属製品、樹脂製品、建築用防水材・土木用遮水材及び金属ナノ粒子を応用した新製品の「高機能、高精密、高品質」なゴム・プラスチック等の製品群のメーカーとして、環境への多大な関わりをも持っていることを認識し、全ての事業活動において環境との調和を目指した製品技術・生産技術等の開発により、技術領域を広げていくと共に、「人を想い、地球を想う」の基本理念のもとに地球規模の視野に立った環境保全活動を行い、社会に貢献する企業づくりを推進する。
  2. 材料、エネルギーの投入から開発設計、製造、販売等の各段階より生み出される事業活動・サービスに関わる環境影響を的確に把握し、汚染の防止及び予防、気候変動の緩和及び気候変動への適応、生物多様性保全に努め、継続的に改善する。
  3. 資源の採取から製造、使用、廃棄等に至るまでライフサイクルの視点に立ち、当社の製品が環境に及ぼす影響を把握し、部品・材料及び製造段階での有害物質の不使用、リサイクル材の使用、リサイクル性を配慮した設計と製造等の取り組みを通じて、グリーン商品の提供を推進する。
  4. 環境に関する法規制及びその他関連する要求事項を順守すると共に、各事業場の立地における自然環境を維持し、地域社会の一員としての自覚と責任を持ち地域における環境保全に努める。
  5. 環境管理体制の整備、充実を図り、省資源・省エネルギー・廃棄物の低減・リサイクルの促進・環境負荷物質の削減等の目標を定め、定期的に見直しを行い、環境パフォーマンスの向上が達成できるように従業員ひとりひとりに徹底し、これらの環境活動の継続的改善を推進する。
  6. この環境基本方針は、維持され、毎年度見直され、実行されるものとする。また、この環境基本方針は構内全従業員に周知されるよう徹底する。
  7. この環境基本方針は、社外開示用に文書化し、一般の人まで入手可能なものとする。

2018年11月1日
三ツ星ベルト株式会社
代表取締役社長
垣内 一

ページトップへ